椎間板ヘルニアについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

椎間板ヘルニアの症状とは

椎間板ヘルニアは、主に腰と首に表れることが多い症状で、腰痛や首の痛みの原因の一つです。

まずヘルニアとは?

『突出』という意味です。

では椎間板とは何でしょうか?

椎間板とは、背骨と背骨の間にあるクッションのような役割をしている軟骨のことです。

この椎間板がつぶれてヘルニア(突出)を起こすことにより、神経を圧迫して痛みやシビレを起こす病気を『椎間板ヘルニア』と呼びます。

下記画像がちょうど椎間板が神経を圧迫している画像になります。

 

症状がひどい場合は、足先にまでシビレと激痛が走り、歩くことも困難になってきますので、早い段階での治療をオススメします。

椎間板ヘルニアの改善方法

病院では、シップや注射などで痛み止めの処置を行うしか方法がありません。

根本を改善せずに、症状の痛みだけを誤魔化し続けた結果、骨が変形してくることも珍しくありません。

そうなると最終的には、手術という選択を余儀なくされてしまう方も多くいらっしゃいます。

 

しかし整体では、根本的な症状へアプローチすることで、改善へと導きます。

根本的な改善とは、骨の可動性を取り戻すことです。

骨の可動性が悪くなっている原因を突き止め、そこを改善することで、椎間板ヘルニアは、比較的かんたんに改善していきます。

最も多い椎間板ヘルニアは腰の骨で発生し、腰痛の原因となります。

もっと細かく言えば、腰椎4番(腰の4番目の骨)と腰椎5番(腰の5番目の骨)で発生することがほとんどです。

この腰椎4番と腰椎5番の骨の可動性をしっかりと取り戻して、骨と骨の間を空けてあげることで、椎間板ヘルニアは改善へと向かいます。

当院では早い方であれば、1、2回の整体で改善していきます。

もっと時間がかかる方もおられますが、どんなに酷い状態でも(寝たきりなど)手術なしで改善していきます。

つらい腰痛をお持ちの方や、どこに行っても改善しない腰痛の場合は、一度ご相談くださいませ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*