各症状について

産後の骨盤矯正

産後の骨盤の動き

出産直後の骨盤は、大きく開いたままグラグラの状態になっています。なので本来は、まだ立ち上がってはいけません。産後すぐに立ち上がることは整体では自殺行為とも言えるほど、様々な不具合を体に発症させる原因になります。

出産後から骨盤は、右が閉じて、左が閉じて、右が閉じて、左が閉じて

という具合に左右が順に徐々に閉じていきます。

そして左右の骨盤が両方閉じてくるときに、立ち上がると、骨盤はキレイに閉じていくのです。

骨盤がキレイに閉じると、産前よりスタイルがよくなり、肌のツヤもよくなります。

整体では女性は子供を産めば生むほどキレイになると言います。

また、骨盤を大きくリセットしてくれる出産の骨盤の動きは、産前にあった不調を劇的に改善するチャンスなのです。

 

産後の不調について

現代の病院出産では、産後すぐに立ち上がることになります。分娩室から入院の部屋まで歩いて帰らせられますからね。これは整体的にみれば、自殺行為とも言えるほど、とんでもないことなのです。

それは、骨盤がすぐにゆがんでしまうからです。

女性の健康の9割は骨盤で決まります。

現代では、『産後うつ』という方が増えているのは、この骨盤のゆがみが原因の一つです。

産後に不調として多い症状です。

  • 産後のうつ
  • 母乳の出がわるい
  • 歩行に違和感がある
  • 産後の腰痛
  • 股関節の痛み
  • ひざの痛み
  • 首こり、肩こり
  • 五十肩
  • 体形が戻らない
  • 動機やめまい

これらのほとんどは、骨盤のゆがみが原因となっていますので、骨盤を調整することで改善していきます。

産後の骨盤矯正の施術方法について

当院での骨盤矯正は決して力でグイグイと変えるものではありませんので、痛みはありません。

優しい施術で『気』の力を使い、骨盤が本来の元にもどる力を利用します。

『こんな優しく骨盤が変わるんだ。』とよく驚かれますが

実際に1回目から、立ち上がる感覚や歩く感覚が変わってきます。

また骨盤だけではなく、体全体のバランスを整えながら骨盤をみていくので、様々な不調も同時に改善していきます。

 

産後は整体を

産後のゆがんでしまった骨盤を改善するのは、早いほど良いです。

とは言いましても、産後はすぐには歩かないほうがいいので、産後は2週間ていどあけてから、骨盤の調整をすることをオススメしています。

理想的なペースとしては、3ヵ月の間で3回~6回が目安です。

産後から数年たってしまい、産後からスタイルが改善しないという方にもオススメです。

産後の骨盤を整えることで、産前よりもキレイに美しくなりましょう!

産後の母乳が出ないとき

産後に母乳が出ないという場合、『自分はそういう体質だからしょうがない』と思っている方も多いですが、ほとんどの場合が体のゆがみが原因です。

母乳が出ない体のままにしておくと、乳腺炎などにもなってします。

また赤ちゃんにとっても、母乳に勝る栄養はありません。

体を健康改善して、母乳が出るようにしておけば、赤ちゃんにも母体にも良いことになります。

母乳が出ないという場合は一度ご相談くださいませ。

腰痛について

腰痛の原因

腰痛と言っても原因は様々にありますが、ほとんどの腰痛は骨盤のゆがみからくるものです。
骨盤のゆがみは、腰椎の4番目と5番目の骨の異常に繋がります。

 

腰の骨は腰椎と呼ばれる骨が5つありますが
中でも重要な骨は上から数えて、4番目と5番目になります。
腰椎の4番と5番がくっついて骨の可動性が鈍くなると、腰痛となります。

腰椎の4番目の骨(腰椎4番)は特に骨盤の開閉と関係があり、腰椎の5番目の骨(腰椎5番)は骨盤の上がり下がりと関係があります。

この腰椎4番と腰椎5番の可動性を取りもどすことで、骨盤の動きも同時に取り戻され、腰痛の改善へと繋がります。

冷えからくる腰痛

足や腰の冷えが原因で腰痛になる場合もあります。
冷えからくる腰痛の場合は特徴として、仙骨のあたりに痛みが生じます。

このような場合には仙骨にゆっくりと圧を加え、仙骨の可動性を取りもどし、同時に冷えを改善していくことで、腰痛がとても楽になっていきます。

冷えの改善には、足の指の中指と薬指の骨の間が詰まって硬くなっているので、そこを輸気でゆるめて可動性をつけていきます。
また、冷えと関係のある背骨は、胸椎の8番目の骨と11番目の骨になります。
この骨の異常を取り除くことで、冷え性が改善し、同時に冷えからくる腰痛の改善へと繋がっていきます。

ぎっくり腰

ぎっくり腰は、不意に重い物を持ち上げた時や、しゃがんだ時に、腰にグキッと激痛が走り炎症を起こしている状態です。
これ以上体を動かさないで、と体が自分の体をロックして動かないようにするのです。
それは一種の体の防衛機能でもあります。

ぎっくり腰は、ある日突然なったと思いがちですが、それまでの腰への負担がずっと続いていた為に、腰が我慢の限界に達したということです。

またぎっくり腰は、まだ体の動きが鈍くなっている朝一に発生しやすくなっています。
朝はゆっくりと体を動かし、腰を十分に伸ばしてから起き上がることで、ぎっくり腰を回避することもできますが、腰への負担を軽減させる為にも、体を整えておくことが大切です。

ぎっくり腰が起きてしまった場合は病院へいくと『1週間は安静にしてください。』とシップを渡されるだけで、そのままにしておくと、2週間以上も動けなくなる方もいらっしゃいます。

ぎっくり腰などの腰痛の場合は、病院へは頼らず、腰の骨や骨盤がしっかりとみれる整体がオススメです。
実際の施術では主に腰椎の5番という骨が硬く動かなくなっているので、輸気でゆっくりとゆるめて可動性をつけてあげると、その日のうちに動けるようにまでなります。

腰の痛みがなくなってビックリしました。

ぎっくり腰で来院されたN・H様 (20代/女性/大阪・枚方市在住)

ぎっくり腰になり病院に行っても症状が回復することなく悩んでいた所、心整体~空さんが良いという評判を聞き、予約させて頂きました。
今まで病院へ通っても良くなることがなかったのですが、今回初めて整体を施術して頂き、ものの20~30分で腰の痛みがなくなっていったので、びっくりしました。
体の部位で悪いところなど、分かりやすく説明していただき、アドバイスも頂いたのでとても良かったです。
根本的に改善したいので、次回も宜しくお願いします。

好転反応について

当院は、輸気やヒーリングというエネルギーで、体の”気”の滞りを通して、体本来の治癒力を取りもどしていただく整体です。
揉んでほぐしてのマッサージではありませんので、揉み返しがくることはありません。
しかし、好転反応というものがでる場合があります。
これは読んで字のごとく、体が良くなっていく為の反応です。

好転反応は大きく分けて3つあります。
~~~
1、弛緩反応(しかん)整体の初期に最も多くでる反応です。
体の緊張がゆるむ為に体がダルく、重く感じたり、眠くなったりします。

2、過敏反応(かびん)

過去の古傷など、治りきっていない症状が一時的に痛むことがあります。
体の鈍りが解消していく過程で、一時的な過敏反応を経過します。
発熱する場合もあります。

3、排泄反応(はいせつ)

体のあらゆる排泄機能が高まり、今までためこんでいた毒素などの排泄が始まります。
下痢をしたり、大量の汗をかいたり、色の濃い小便が出たりと体の大掃除が行われます。
ときには鼻血が出たり、湿疹などで皮膚からの排泄が起こる場合もあります。

~~~

これらの症状は、体が自然体になっていく過程で必要な反応です。
好転反応の期間は多くの方は1~3日で、もっと長くかかる方もいらっしゃいます。お薬で反応を抑えてしまうと、せっかく体が良い方向へと変わっていくことを止めてしまうことになりますので、反応をお薬で抑えたりしないようにしてください。


また反応が起こっている期間は、なるべく体を休めて冷やさないように気を付けてください。
もちろん、これらの反応は全ての方にあるわけではありません。
反応を経過せずに体が良くなっていく方もたくさんいます。しかし中には、新しい体に変わる為に好転反応を経過することが必要な方もいらっしゃいます。
好転反応を過ぎると、体は新しく生まれ変わると思っていてください。

足湯&脚湯、冷え性などのセルフケア

万能セルフケア『足湯(そくとう)』と『脚湯(きゃくとう)』をご紹介します。

冷え性の方はもちろん、風邪の引きはじめなどにもオススメです。

『冷え』は万病の元といいますからね。

腰痛や肩コリはもちろん、がん・うつ・パニック障害などの病気も『冷え』が大元にあります。

ここでは一般的な足湯(あしゆ)というただ足をお湯につけるというものではありません。

整体的な足湯(そくとう)という方法をご紹介します。

目的は足を温めることではありませんので、お風呂とはまた違うものとして考えてください。
足を刺激することで、お灸や鍼に似たような効果を得られます。

【足湯(そくとう)】

風邪の引きはじめから、冷えを感じるとき、腰痛・頭痛・のどの痛み・鼻水・生理痛・頻尿、などなど、体の不調があれば、まず足湯をしてみてください。

【方法】
1、まず初めにコップ1杯の水を飲んでおきます。

2、たらいや足湯バケツに、お湯をはります。
お湯は足のくるぶしの真ん中あたりまでで、足の甲がギリギリ隠れるくらいです。
温度は43℃~45℃でお風呂の温度より、2~3℃高めにしてください。

3、時間を6分間計ります。
途中でお湯が冷めるので、刺し湯をして、温度を保ってください。
※刺し湯の際には、足をヤケドしないように注意してください。

4、6分経ったら終了です。足が両方赤くなっていたらOKです。
タオルでサッと足をふいて、すぐに靴下を履いてください。
※片足だけ赤くなっていなければ、そちら側をもう2分、追加で足湯してください。

夜寝る前が効果的ですが、お風呂とは時間をあけて別にしてください。

秋や冬の始めは、夜に足湯をすると汗が冷えて寝冷えを起こしやすいので、朝一での足湯をすすめています。

足湯専用のバケツがホームセンターやアマゾンで、1,000~2,000円程度で売っていますので

冷えを改善するだけで、うつ病やパニック障害など様々な病気が改善することもあります。
体調が悪いと感じた時には、まず『足湯』をしてみてください。

 

【脚湯(きゃくとう)】基本的な方法は足湯と同じです。
 
1、お風呂にお湯をはります。(43℃~45℃程度の熱いお湯)
2、足をひざのすぐ下までお湯につけてください。
3、時間は8分で終了です。バケツでは無理なので、お風呂で立ちひざをついてやるか、立ったままひざ下まで湯をはるかのどちらかです。

風邪をこじらせたとき、冷えがひどい、胃腸に不調がある、下痢が続く、ガスがたまる、風邪から咳が続く、などの時には、脚湯をしてみてください。

 

私自身も、『足湯』と『脚湯』にはお世話になっております。

疲労回復にもオススメで、もちろん副作用はありませんので、お薬にたよらず自然治癒力をあげる為にも、ぜひ生活の中で取り入れてみてください。