五十肩(四十肩)について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

五十肩とは

五十肩(または四十肩)は40代~50代で最も発生しやすいと言われる、肩関節の痛みの病気の総称です。

 

最近では30代の方に発症する例も少なくありません。

最も多く分かりやすい症状は、腕を上にあげる時や、動かした時に、肩に痛みを伴うという症状で、放っておくと、次第に腕を上げることが困難になっていきます。

 

病院へ行けば、『肩関節の炎症です。』という見解が多く、シップや痛み止めのお薬を渡されますが、そのまま何年も症状を抱え続ける方が少なくありません。

それは根本の原因は肩ではない場合もあるからです。

また大きい病院で診てもらえば、手術ということになるでしょう。

しかし、根本原因を的確に捉えていけば、手術なしに整体で改善が可能です。
 

五十肩の施術について

五十肩の根本原因で最も多いのは、腕と肩周りの筋肉の疲労です。

腕の疲労は長年蓄積されると、肩に影響を及ぼすことが多くあります。

なので五十肩の施術では肩の周りの筋肉や、腕の筋肉をよく調整し、弾力を取りもどすことが必要です。

腕や肩周りの筋肉が調整され、筋肉の弾力が戻れば五十肩は自然に回復していきます。

 

また肩を動かすと痛みがある場合に、動かさないで安静にしていると、肩周りの筋肉の血流が悪くなり、筋肉が益々固まっていきますので、痛みのない方向を探して、適度に動かしていくことが大切です。

長年の年月を経て、五十肩になった場合は、改善するまでにある程度の期間(3ヵ月~6ヵ月)が必要になることもありますので、なるべく痛みを感じた初期の段階で、処置していくことが望ましいです。

病院や整骨院では、何年も通って良くならない片も多くいらっしゃいますが、整体では根本の原因にアプローチすることで、少しづつ、本来の痛みのない正常な状態へと導いていきます。

 

四十肩や五十肩などで、他院で改善しない場合は、当院へお越しくださいませ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*